ほくろを綺麗に消すには|きつい印象を与える一重は美容整形で二重になれる!

きつい印象を与える一重は美容整形で二重になれる!

女性

ほくろを綺麗に消すには

ナース

ほくろが多すぎる人には

ほくろは一つや二つであればその人のチャームポイントとして生かすこともできますが、あまりにも数が多すぎる場合、あるいはその大きさが大きすぎる場合には注意が必要です。特に、顔や首、手足など人の目につきやすい部位にほくろがある場合にはそれ一つで見た目の印象を大きく変えてしまう恐れもあります。こうした事態を防ぐためには名古屋で受ける美容整形治療がおすすめです。顔のほくろであれば毎日のメイクで隠すこともできますが、これはその場しのぎの対応、メイクが崩れたりすっぴんになったりした時には意味を成しません。その点、名古屋で受ける美容整形であればその根本から問題を解消することが出来ますし、より確実です。ほくろは肌の内部でメラニン色素が沈着し出来るもので、素人が毎日のスキンケアでどうこうできるものではありません。だからこそ、医療機関での対処がベストとなってくるのです。名古屋の美容整形によってほくろを消していく場合、多くは医療レーザー治療が用いられます。ごくごく小さく、薄いほくろであれば1回の治療でその跡を綺麗に消すことも可能になるのです。もちろん、肌の奥深く、真皮層に至るまでほくろが濃くなっている場合には2回、3回と治療を繰り返す必要があります。ですが、たったそれだけの回数で見た目のコンプレックスを解消できるのであればこれほどうれしい話はないのです。

治療の仕組みとリスク

名古屋で受ける美容整形の中でもとりわけ人気の高い医療レーザー治療、その仕組みはいたってシンプルです。まず、ほくろの主な原因でもあるメラニン色素に反応する特殊なレーザー光を治療では用いていきます。メラニン色素を照射すればそこだけに熱エネルギーが発生し、細胞を破壊していくことが出来ます。あとは皮膚の再生を待つだけで、日数がたてば自然と見た目が綺麗な状態に戻っていきます。この医療レーザーを用いた方法、周りの健康な皮膚細胞には刺激を加えることがないため、体への負担は最小限に抑えながらほくろを取り除くことができるのです。通常、治療後は患部が軽く炎症を起こした状態になるため、必要に応じてアイシングを行ったり、痛み止めの処方がなされたりします。名古屋の美容整形外科それぞれでこのアフターケアの方法は異なってくるものの、多くは日帰りでの処置が可能で通院の必要もありません。治療自体も時間がかからないものなので、仕事帰りや休日のちょっとした空き時間に治療を受けていくこともできるのです。こうした手軽な医療レーザーによって、素人では対処しきれなかったほくろなどのコンプレックスをうまく解消していくことが可能になるのです。